お父さんはがんばらない


お父さんになった普通(?)のサラリーマンが2018年生まれの長男『ゆう坊』、2022年生まれ『そう次郎』との日々を主に4コマで綴ります。
不定期でお母さんによる助産院での出産レポマンガもやってます!
はじめましての方は家族紹介も御覧ください!

2cf1eeb9.jpg

最近ジムで走りながら「ガンダムビルドダイバーズRe:RISE」を見るのが楽しみな左近寺です。


マイナーMSが見つかるとついニヤついちゃいます。ディンとか。


ゆう坊、タイヤが無くてもイケる


起きてるときは大体部屋中を動き回ってるゆう坊ですが、よく何かを走らせて遊んでます。


車輪の付いた車や電車(トーマス)を好んで走らせてましたが…


どうやら滑る物であれば何でも良かったようです😅


そういえば歩く前も両手にペットボトル持ってスケーティングしてたな〜…と。
やってることが11ヶ月頃と変わってませんね。



d1aed7c8.jpg

これがゆう坊が走らせてた、知る人ぞ知る焼きそば弁当。


北海道民的ソウルフードらしいですね。嫁さんの実家からたまに送られてくるので自分もいただいてます。


捨てるお湯をスープに利用できるってのはいいアイディア。他社でも真似して欲しいくらい。


ちなみに自分はバゴーン派ですw


車のおもちゃは西松屋で買ったコレが安くて大きくてそこそこ頑丈でオススメ。


確か800円くらいだったような。うーん安い。



261671b7.jpg

車の下にあるのは嫁さんが最近ビルドした牛乳パックを集めて作ったイスです。


押したり、右から左に持ち運んで遊んでます。楽しいんだろうか…。


嫁さんは廃材を利用して、おもちゃを色々手作りしてくれるので助かっております。


が、そろそろこの手のおもちゃには反応してくれなくなるのかな〜と思うと嬉しい反面ちょっと残念ですね 😭

『お父さんはがんばらない』をご覧の皆様、初めまして。
ブログでは「嫁さん」と呼ばれるアザラシ型母さんです。


この度は旦那さんから「助産院での出産レポマンガを描く気はない?」と遠回しな口調でアツく誘われたので登場することとなりました。


というわけで最初のマンガはコチラ。


49aafde8.jpg

ゆう坊は病院ではなく助産院で産まれました。


私の中では普通に出産する場所を選ぶ選択肢の中に助産院があったのですが、周囲に話してみると本当に知名度が低くてビックリします。
マンガを通じて助産院での出産のメリット・デメリットを紹介しつつ、赤ちゃんを生む場所の選択肢のひとつとして助産院を知っている人が少しでも増えると良いな~、と思うのですが…。


個人的には助産院での出産とても良かったですよ!
産後も子育てケアで助産院には本当にお世話になりました。
病院で出産したとしても、この産後ケアのためだけに助産院の存在を知っておくと本当に助かると思います!


拙いレポマンガな上にそんなに多くない登場頻度となると思われますが、無事ゆう坊が産まれるまで描きますのでどうぞよろしくお願いします。

7721315b.jpg

今年のおみくじは”吉 ” という微妙な結果と出た左近寺です。


嫁さんが助産院での出産マンガを投稿します!


現在このブログは管理人である左近寺(お父さん)のみが書いてますが、近日中に嫁さんが副管理人として投稿することになりました。


最初の記事の書きたい記事リストに助産院の話があったのですが、自分がやるより一番の当事者だった嫁さんが書いた方がいいだろうということでお願いしてたんですよね。


ちなみに嫁さんは自分より絵が上手くて絵柄も可愛いです。ご期待ください(笑)


ゆう坊、ダンスっぽい動きをする


歩けるようになってからの成長の一つに、ダンスの真似事が増えました。


元々音楽は好きなのか、結構以前からお気に入りの曲が流れたときは座りながら上下にビートを刻んでいたくらいなので、いつ立って踊るのかと待っていたら…
結構待たされました😅


とは言え、ぜんぜんリズムに乗れてなくて手をフリフリしては合いの手を入れるくらいの簡単なヤツです。
しかもスグ飽きる…。


支援センターの人の話によると、一歳でもうパプリカを歌って踊れる女の子もいるようです。すっごい…。


身体以外の成長は若干遅めなゆう坊ですが、歩けるようになってから最近、どんどん出来ることが増えてきて、マンガの投稿ペースが追いつかないくらい。


やはり人類が発展したのは「直立歩行して両手が使えるようになったから」というのをひしひしと感じてます😃

cf525f5d.jpg

ゆう坊の入院記録もとうとう最終回。退院編です。


文字ばっかりの回もあったのでもう少し分割して見やすくしても良かったかもしれませんね。
たまには同時に2ページくらい描けばいいんでしょうけど通勤時間が長いリーマンとしては今はこれが精一杯( TДT)


最初から見たい方はコチラから↓



思いがけない入院延長がありましたが、いよいよ退院が見えてきました。


今回入院した病院は医者が点滴針を抜き差ししなくてはならないらしく、ゆう坊のみ診察室へ。

(難易度が高いのと、異常があったときすぐに対処できるため??)


第三話でも書きましたが、度重なる治療という名の拷問で身内以外には完全に人間不信になったゆう坊君。


この日もギャン泣きしながらドナドナされて行った様子。


当然泣いて戻ってくるかと思いきや、まさかの放心状態での帰還


怖すぎて恐怖ゲージが振り切れてしまったんだろうか…。


何はともあれ、点滴針が取れたのは良かったです。手の甲に針をぶっ刺したまま暴れられるのは正直気が気でない😨

 


そして入院から1週間、お医者さんの許可が下りたので翌日退院できることに!


二回も入院延長があったので正直冷や冷や物でした。


最終日は片付けやら支払い処理などで慌ただしかったようですが、お父さんは仕事が立て込んでて行けなかったので実家の母親に来てもらいました。イヤ、ホントすいませんでした…。


一応言い訳すると、二回目の退院予定日に有給休暇を取っていたんですが、急に入院延長してしまったから…😅


退院後もしばらく咳は残りましたが現在では完治し、いつもの暴れん坊が戻って来ました。


今回は一時的な喘息性気管支炎という診断でしたが、今後も繰り返すようなら本物の喘息の可能性があるようなので、まだまだ安心はできないところ。


入院当初は色々テンパったり、嫁さんもだいぶ憔悴したり、お財布が軽くなったりしましたが、やっぱり家族の健康が一番ですね。


adb8de1c.jpg

連休が長過ぎると、ちょっと仕事始めが怖くなってくる左近寺です。休みは欲しいけど長過ぎるのも困り物なリーマン根性。


そんな自分の2020年のお正月はゆう坊の階段上り下りに付き合わされて過ぎていきました(笑)


ゆう坊、階段を登ったり降りたり


大晦日の挨拶で階段の上り下りができるようになりました、と書きましたが、1/4の今日まで本当にこれだけで過ぎていった感じです😅



いや~子供の体力って凄いですね。一度始めると飽きるまでひたすら同じことの繰り返し。


まだ単独だと階段上れないので、中腰になって手を引くのですが、一度二度ならともかく4~5往復ともなると腰が痛い…。


ひたすら同じことを繰り返す日々でしたが、これはこれで幸せなんでまあヨシ!(現場猫のアレ)


 


まったくイベントが無いのもつまらないので、箱根駅伝の見学に行ってきました。


ベビーカーだと邪魔になるし、ゆう坊が選手を見れないしで抱っこ紐で移動。重い…。
人ごみには入りづらいので、沿道から少し離れた高台から応援してました。


5b422ea6.jpg

ゆう坊は道中で貰った応援旗が気に入ったのか、両手に持ってひたすらブンブンしてました。


自分もたまに走るので分かりますが、駅伝選手のスピードの速いこと速いこと。自転車並みの速度であっという間に駆けて行きます。


いくら練習してもあのスピードでは走れる気がしない…。


駅伝は大人が見る分には面白いですが、ゆう坊は誰が何をやってるなんてまだ分かっていないのでつまらなかったかも知れないですね😓


 


明日からはようやく予定が入ってまして、実家込みの家族旅行に行ってきます。


去年も4ヶ月時のゆう坊を連れて行きましたが、赤ちゃんと一緒の泊まりは色々大変でしたね~。


今年は赤ちゃんから幼児にレベルアップしていますが、これはこれでまた大変そうなのでしっかり準備して行きたいと思います。

1月1日になりました!
2020年明けましておめでとうございます。


というワケで記念イラスト描いてみました。


aaed6cc5.jpg

EXILEのぐるぐるダンスっぽく描きたかったのですが、それっぽく見えないのは人数が少ないのと真ん中のアザラシのせいですね。多分。何か睨みを利かしてるアブない輩っぽくなってしまいました。


2020年は東京オリンピックだったり映画「AKIRA」の年だったり、何か特別感があります。AKIRAみたいに大変なことにならないといいんですが😅


 


今朝はここ数年恒例となっている初日の出ジョギングに行ってきました。


日の出時間は曇りでしたが、帰り途中いい感じで雲から顔を出してくれたのでパシャリ。赤レンガ倉庫あたりからの風景です。


1f214ef3.jpg

嫁さんとゆう坊は残念ながらお留守番。ゆう坊と一緒に走れるのはまだまだ先そうですが、来年くらいには一緒に日の出を眺めるくらいにはなってて欲しいな~と。


そんなゆう坊君の今年最初の1ショット。


48460fd2.jpg

今日も公園の階段をひたすら上り下りを繰り返し、疲れて寝てしまいました…。


普段は嫌がってかぶってくれない帽子もかぶってくれてます。帽子は習慣にしないとなかなかかぶってくれない子も多いそうなので、とりあえず毎日チャレンジ中です。


今年の暑い時期までには何とかしないといけませんね。


 


ではでは。今年一年またよろしくお願いします!

大晦日ですね。色々勉強になるかと思って始めたブログもとりあえず年を越すことができそうです。


なにかと拙い当ブログですが、ご覧になられた方ありがとうございました。


来年もゆるゆるとやって行きますので、どうぞ生暖かい目でご支援よろしくお願いします 😊


今年最後の大晦日の過ごし方は…


大晦日の今日は午前中に大掃除を終わらせて午後から新年用の買出し&ゆう坊のストレス発散に公園へ行ってきました。


最近外でも靴を履いて少しずつ歩けるようになったゆう坊ですが、今日は初めて階段を上り下りするようになりました。ヤッタ 😆


7399840e.jpg

とは言っても親の手つなぎが必須なのでまだこれからですが…。


一度出来たのが楽しいのか何回も上り下りに付き合わされたので、ゆう坊のヤル気はありそうです。


それにしても…。


二年前までは大晦日は大体コミケに行って疲れたけど満足した年末を過ごすのが当たり前でしたが、最近は別の意味で疲れます 😫


ゆう坊がもっと大きくなれば、本人の希望次第では一緒に参加するのもありなんですかね。


でもあまりこっちの道に進んで欲しくないというのも親心。


それでは来年またよろしくお願いします!
元日は初日の出ジョギングでもしようかと試みております。

年賀状になかなか取り掛かれない左近寺です。


581ee536.jpg

今日の夕食は唐揚げが食べたいので自分で揚げてみました。鶏肉を漬け込んでくれたのは嫁さんですが…。


ピーマンと人参のナムルも添えてバランス良く。最近はスマホであまり材料を検索すればレシピが出るので助かります。


ゆう坊の夕食はパウチのハヤシライスと上記のピーマンと人参。


ネット見てると毎食完全手作りとかの方も結構いますが…ぼくにはとてもできない。


普通はピーマンと人参なんて子供の嫌いな食べ物TOP5には入ってきそうですが、ゆう坊はなぜか好んで食べます。


ハヤシライス食べさせようとしても、手づかみで自ら取りに行くほど。
肉系はあまり食べなかったり大根好きだったり、今のところ食の好みがベジタリアンなゆう坊です。


ところでゆう坊用に以前から欲しかったシリコンプレートを購入しました。 今まで使っていた食事用ボウルでは小さくなってきたのと、飽きてくるとオモチャにしてしまうので嫁さんが目を付けてた商品をようやくGET。


とは言っても3COINSの500円商品。


似たようなオシャレプレートも近くで売ってましたが3,000円とそこそこのお値段だったのでこちらで妥協。
比べた感じそんなに変わらないと思うんですけど、そんなに違うんだろうか…?


本日から早速使ってみましたが、滑らないし見栄えも悪くないしで個人的には買ってよかった食器です。


何よりテーブルチェアの隙間にちょうど収まるのがGOOD(笑)

53855521.jpg

この時期になるとなぜかソワソワする左近寺です。年末のお台場が遠い昔のよう…。


さてゆう坊の入院記録も4話目。お父さんが丸一日付き添ったときの様子です。
第一話から見たい方はコチラ↓



入院中の多くは嫁さんにお任せしてしまいましたが、一日だけお父さんが付き添いました。


自分が入院しただけなら暇つぶしはいくらでもあるのですが、幼児がそばにいる状況ではゲームもマンガもスマホも触りづらい。


次の治療、検診、食事までひたすらゆう坊のご機嫌を伺いつつ、ボーっとする時間がほとんど。たまにストレッチ。
うーん、暇過ぎる…😷


やれることと言えばテレビを見ることくらい…ですが、ゆう坊のために基本はEテレ。


いやEテレも悪くないんですが、一歳児と違い、大人が朝と夕方に同じ番組を見るのは正直しんどい…。


スポンジボブ面白いですよね。アレけっして子供向けじゃあない…😅


その2でちょこっと書きましたが、大きい病院は久し振りだったので、施設の大きな変化に驚きました。


コンビニ、食堂、カフェ、床屋、コインランドリーなど、病院から一歩も出ずに生活できそうな施設が揃ってます。小児病棟のある階にしか行ってないので、他の施設もあったかも知れません。


昔もちょっとした販売所はあったと思いますが、今は大手チェーン店が入ったりしてるんですね~。


ご飯食べたりコンビニ行くのはゆう坊が寝たタイミングで。


食べるのを見られると…欲しがるんですよねぇ。
普段ならあげることもできますが、入院中は規定の食事のみしか食べられないので当然NG。


小児用ベッドは脱走できないよう、高い柵で囲んであります。出入りするときはレバーを操作して柵の上げ下げが可能。幼児が動かせないよう少し難しい操作でした。


そして夜はゆう坊と同じベッドで寝ることに…。


大人が寝られるくらいのスペースはありますが、ゆう坊がいるのと、柵で囲まれているせいで思った以上に狭い…。


一応、追加料金を払えば付添い人用ベッドを用意してくれるようです。


夜中もネブライザーで看護師さんがやって来ます。「寝ててもいいですよ~」とか言われましたけど、さすがに無理😅


一日だけの付き添いでしたが、この生活リズムはかなりしんどかったです。いや、嫁さんには感謝しかありません。


そして入院も5日間で終わると思いきや、まさかの1週間に延長!
しかもその後さらに1日追加!!


思ったよりゆう坊も重症化していたようです。ネブライザーを上手く吸えなかったのもあるかも知れませんが。


入院代の負担もありますが、何より付添い人の疲労が半端無い。


治らないと退院できないのが辛いところ。


次回でようやく退院の話。入院記録最終回です。よかったらご覧ください。



メリー・クリスマス🎅!
ゆう坊にとっては2回目のクリスマスイブです。


6dd652a6.jpg

夕食後、100円ショップで買った安いサンタコスでお祝い!


しようと思ったのですが、眠いのもあったのか着用を嫌がられてしまいました…。ブログ用に写真を撮りたかったのですが、あーもう滅茶苦茶です。


しょうがないので本日はこの後すぐ寝て貰いました。ちゃんとしたお祝いはまた来年に持ち越しです。


ゆう坊はよっぽど寒いとき以外は帽子を嫌がります。髪の毛あまり無いのに寒くないのだろうか。


84529e59.jpg

こちらは去年のクリスマス時の写真。大人しくコスしてくれてました。この頃はまだ成すがままの時代。


こう見ると1年前はこんなに小さかったのか…と遥か昔のように感じます。ほっぺもやたらプクプクしていますね。


この衣装は買ってから気づいたのですが、ペット用でした😅 まあ使い捨てだからええか…。


お父サンタからのプレゼントはこちらの絵本2冊。


66ec6324.jpg

サンタの本は以前購入してゆう坊にも好評だった、おばけの仕掛け絵本と同じ作家さんですね。相変わらずギミックがいい仕事しています。





シロクマの本は…何となくパンツがいい感じなので買ってしまいました。ほとんど第一印象ですw





本屋でも推されてたので調べてみたら発売から6年で50万部を突破した人気の絵本なんですね。
1歳児にはまだ早そうですが、イラストを見てるだけでも楽しそうなのでOKです。
 


関係ないですけど世間的にはクリスマスはイブの24日に終わって、25日からは半分正月モードですね。26日からはもうクリスマスの影も形も無いくらい。


このイベント切替の早さが実に日本っぽくて個人的には好きだったりします。

29d0b263.jpg

4コマは一か月ぶりです。最近あったスマホをゆう坊に奪われたときの話。


相変わらず我が家の物の置き場が狭くなっています。


ゆう坊もあまり歩かない割には器用につま先立ちをしたり、乗れそうな物を踏み台にしてはテーブルの上を漁るので、テーブル下に高さのある物を置けなくなりました( ;∀;)


で、この前うっかりテーブル端に置いたスマホを取られちゃったんですね。


スリープ状態で画面は点いてないので飽きてすぐに捨てると思いきや、急に画面を指でタシタシと猛タップ。


今のところ我が家では子供にスマホを見せる機会はあまり無かったのですが、使ってる親の動きはキッチリ見られてたようで…。


ちなみにタップに飽きた後はなぜかスマホを顎の下に挟んで「あ゛あ゛~」と唸ります。これも電話中の動きを真似してるのかも。


まだ言葉は出せないけど、なんだかんだで意思はあるんだな~としみじみ。と同時にあまり下手な態度は取れないですね😅気を付けようっと。

58352b08.jpg

ゆう坊の入院記録その3。今回はゆう坊が恐怖した2つの治療についての話です。
第一話から見たい方はコチラ↓



①ネブライザーが嫌い


1つ目が「ネブライザー」。耳鼻咽喉科に行ったりすると置いてある吸入器ですね。


自分も花粉症の処方箋を貰いに病院に行ったときに鼻からシューっとやったことがあります。
お医者さんの説明も無かったのでなんのためにやるのか分からなかったのですが…😅薬剤を霧状にして放出してたんですね〜。


そんなネブライザーですが、ゆう坊がスッゴい嫌がりました。


吸引器と違って痛くないのに何でかな〜と思ったら、どうやらあの「シューッ」という音が嫌いな様子。


加湿器の霧を顔に当てても大丈夫だったので、あのモクモク感がダメでは無いようです。


ネットで見ると他にもあれ嫌いな子が多いみたいですね。モスキート音的な感じで大人には分からないけど不快な音に聞こえるんだろうか…?


しょうがないので口に当てる部分を顔からちょっと離して、遠距離から霧を噴射することに。


ぜんぜん吸ってなかったような…あれ…。


②鼻水・痰の吸引器が拷問レベル


ネブライザーよりさらに嫌がったのが「鼻水・痰の吸引」


まだ鼻をかんだり痰を吐き出すことができないので外部から吸引するしかないのですが、これがまた荒療治。


吸引機の細長い管を鼻に突っ込み、喉奥の痰スポットまでグリグリグリグリして鼻水と痰を同時に吸い取ります。片方終わったら反対の穴もグリグリ。見た感じ20cmくらいは入ってそうです。


自分も過去胃カメラを鼻から突っ込んだことがあるので、あの苦しみは分かります😭
やらない訳にはいかないけれど、治療というよりは拷問に近い…。


あまりにも抵抗するのでバスタオルでぐるぐる巻にして手が出せないようにしてました。動かないように親が体を固定するのですが、我が子が泣き叫ぶのを間近で見るのは心苦しいの一言😨


鼻と痰自体は良い勢いで吸い取ってくれるので、終わった直後はスッキリしていた様子。
ちなみに「吸引器は家にもあると良い」とお医者さんにおすすめされたので買っちゃいました。けっこう使えてます。




親以外の人間を見ると逃げるように…


こんな拷問治療が1日何回もあります。治ってくると徐々に回数は減ってきましたが。


ゆう坊も痛い目に合わされるのが分かってきたのか、看護師さんが来ると逃げ出すようになってしまいました。しばらくはタオルの存在にすら恐怖するように…😭


治療の度に子供を差し出す&押さえつけを手伝うことで、親が子供に嫌われるパターンがあるそうで。ゆう坊はとりあえず大丈夫でした。


毎回泣き叫んでは落ち着かせないといけないので、これもまた大変で。入院のほとんどを付き添っていた嫁さんの憔悴っぷりがヤバかった…。本当にお疲れ様でした。


 


次回はお父さんが丸一日付き添ったときの話でも。その前に日常回も挟みたいな〜と。

2851d446.jpg

ゆう坊の入院記録その2です。今回は入院初日の個室の話。初回はコチラ↓



嫁さんから入院の連絡を貰ってから急いで帰って入院の準備。とりあえず二人の一日分の服を持ってタクシーで病院へ。


大きい病院なんて何年ぶりだろうか…。ちなみに自分が最後に入院したのは小学生のときに目を手術して以来ですね。

うーん、あまり良い思い出が無い…。いや、病院に良い思い出があること自体少ないか😅


とっくに営業時間外なので裏口から入って来いとのこと。いや〜、夜の病院ってなんであんな怖いんですかね…。


守衛さんに通して貰って小児病棟へ。感染を警戒してるのか、子供が逃げ出さないようになのか、小児病棟はなかなか警備が厳重です。


看護師さんに案内されていよいよゆう坊とご対面。手の甲から伸びる点滴と、足の親指に付けられた酸素濃度をモニターする計測器が何とも痛々しい。当の本人はさんざん泣き喚いたらしくすっかりお疲れの様子です。


ゆう坊も異物が気になるのか、計測器をことある度に外してしまいナースコールのお世話になることしばしば。ただ点滴針だけは自分で抜けないようしっかりガードされているのと、もしくは本能的に触っちゃいけないと思ったのか、自分で抜くことは無かったですね。


後日の診断ですが、病名は「喘息性気管支炎」でした。退院時のブログで詳しく書いてます。



最初は相部屋に通されたのですが、どうやら同室の子達は皆5、6歳くらいらしく、付き添い必須なのは一歳のゆう坊のみとのこと。


検診や治療のたびに泣いてたのではさすがに他の子に迷惑なので、その夜の内に個室に移動しました。


…が、個室の費用、「差額ベッド代」とか言うらしいですが、なんと一泊一万五千円ナリ…!この金額は部屋のグレードによって大きく変わってくるようです。


小児医療費助成があるので基本的な治療費は無料ですが、どうもこの差額ベッド代は個人都合なので別途扱い。しかも税金が軽減される医療費控除の対象外とのこと。(※例外はいくつかあるようです)


とは言っても相部屋で一歳児が他の子に迷惑かけないワケが無いので、強制的に個室行きにならざるを得ないと思います。


個室自体は結構広く、テレビや冷蔵庫もあるので居心地はGOOD。下手なビジネスホテルよりはよっぽど快適です。


いくつか書類手続きを済ました後、ゆう坊のことは引き続き嫁さんに任せてお父さんは帰宅するのでした。


次回はゆう坊が恐怖した治療内容でも描いてみようかと思います。

ここ最近忙しかった左近寺です。
入院時に世話になったお礼をしに、千葉の実家に帰ったりしてました。ピンチのときに実家が近いと助かりますね。
近いとは言っても電車で2時間なんで緊急時には頼り切れなかったりしますが・・・。


入院記録描こうと思ってましたがそんなこんなで後回しになっちゃいました。すいません・・・。


ゆう坊、またも風邪をひく


49f33d6c.jpg

というワケでゆう坊君1歳と4ヶ月を迎えましたが、またもや風邪をひいてしまいました・・・。なんか支援センター行くたびに風邪貰っているような。


昨日熱が急にググっと上がりましたが、入院時とは違い早めに治ってくれそうです。


本人が大変なのはもちろんですが、親のフトコロ具合もよろしくないのであまり重病化しないようによろしくお願いします。


ちなみにイラスト描くときに後ろ髪がチョロっと出てますが、上の写真を見て分かるように寝癖です 😅


1歳4ヶ月のゆう坊成長記録


809db7a9.jpg

1歳4ヶ月という中途半端なタイミングですが、最近のゆう坊落書き。


気が付いたら歯がモリモリ生えてました。よだれも増量中です。




一般的に歯の生える順番は「前歯→前の臼歯→犬歯→奥の臼歯」みたいですが、ゆう坊は
「 前歯→犬歯→前の臼歯 」の順で生えてます。そこそこ個人差はあるそうですが。


早く生えてくれるのはいいんですけど、まだ満足に歯磨きできないのがちょっと心配。


歯の生え方も体の発育も早い方ですが、髪の毛と歩き動作はまだまだなのが個人差があって面白いところ。

ee20b9fd.jpg

11月のゆう坊入院をまとめてみました。何話になるかは未定です。


はじめての入院生活に困惑しまくりの一家の様子をご覧ください。


病気の兆候


11/10日曜日。


横浜マラソンに参加するため抱っこひもに入れて会場入りしたのですが、この日はま〜寒い寒い。出走までの待機中は防寒具が必要なくらい。まあこの話は置いといて。




一旦嫁さんとゆう坊には家に帰ってもらい、ゴール地点で嫁さんとゆう坊に迎えに来る予定でしたが、ゆう坊いきなりの38℃超の発熱ということで断念。


あ、一応マラソンは完走しました。後半のタイムは散々たるものでしたが…😅


かかりつけの病院からは、「幼児の病気は本人が元気なら様子見て」ということだったので1日静養させましたけど熱は下がらず。結局病院のお世話になることに…。


2日目くらいから喉が痛いのか食欲が無いのか、あまり食べなくなってきました。固形物は拒否するのでミルクや野菜ジェルを多めに与えてましたが、下痢に悩まされるというダブルパンチ。


ウィルス感染?細菌感染?


高熱がしばらく続いたということで抗生物質の処方もありましたが回復には至らず、朝起きて少し熱が下がるものの夜また39℃近くまで上がる…という感じでした。


恥ずかしながらあまり意識して無かったのですが、ウィルス感染による風邪と、細菌感染による風邪に似た症状は別モノみたいですね。両方同時のパターンも多いようですが。今回も嫁さんが記録してた発熱グラフとゆう坊の症状の推移を見ながらかなり慎重に処方箋を出してた様子。


ちなみに自分もこのとき同じような症状にかかっていて、ウィルス風邪の諸症状である咳、鼻水、喉の痛みは(この時点では)ほとんど無いけど、高熱と関節痛だけが出るという状況。


熱でクロックアップされているのか頭はいつもより回るという妙な感覚…。体の調子は悪くないので、熱下がったかな?と思いきや、「残念!38℃オーバーでした!」というのが数回ありました😭ウィルス風邪でパフォーマンスが下がるのってこの諸症状によるものなんですかね?


まあ医療関係はさっぱりなので、色々断言はしません、できません。皆様各自お調べください…😅


大きい病院で検査してもらうことに


11/15金曜日。日に日に食べられる量が減ってきているものの本人は意外と元気そうなのでそこまで心配していませんでした。


が、再診の結果状況が好転せず、むしろ悪化しているらしいので大きい病院を紹介してもらい、バタバタしたまま嫁さんとゆう坊二人はタクシーで直行。


そこの判断次第では入院もありえるとのことでしたが…結果はやはり入院


ゆう坊の1週間+αの入院生活のスタートです。

逃げるゆう坊 追う二人