お父さんが適当鶏皮丼を作る

嫁さんの負担軽減と家族円満のため、そして急に鶏皮が食べたくなったので夕飯を作ります。

すべてが大雑把な男の手料理です。

スポンサーリンク

スーパーでお買い物

左近寺は鶏肉大好き人間です。

昼ごはんは週1でケンタッキー。
チキンマイルは9ヶ月時点で戦闘力17,420。
ベジータくらいならいい勝負できそう。

鶏皮は1パックで250円ととっても安くていいやつでした。

おやつのガリガリ君チョコミントもついでに購入。
チョコミントは夫婦揃って好物。

焼く前は結構なボリュームに見える鶏皮さん

ひたすら焼く

少しだけ塩コショウを振ってフライパンでひたすら焼きます。

油がたくさん出るのでキッチンペーパーでこまめに吸い取ります。
この油も何かに使えそうですが、そこまでのスキルは無いので今回は見送り。

20分ほど焼いてカリカリになったのがこれ。

焼いたらこんなに少なく…

隣は嫁さんが密かに準備してた蒸しカボチャに、玉ねぎを加えてサラダにしたもの。
炊飯器でご飯を炊くついでにカボチャを蒸してたようです。
炊飯器凄い…。

味付けは塩コショウとマヨネーズのみ。量は適当です。マヨは引くほど入れたほうが美味し。

キャベツを加えて味付け

キャベツの切り方が雑…

キャベツを適当にちぎって適当に切ります。
最初千切りにしてたものの面倒くさくなったのでザク切りに。
焼けば形なんぞ分からなくなるので気にしません。

味付けは嫁さんからバターと醤油で何でも美味くなると聞いたので、適当に入れて味付けします。

盛り付けして完成!

男の適当鶏皮丼

よそったご飯にさらに醤油を二周りほどかけて刻み海苔をパラパラ。
最後にフライパンの中身を盛り付けて完成!

バター醤油とカリカリが残る鶏皮の相性が抜群。
ほとんど目分量の適当料理ですがなんとかなりました。

ゆう坊にはまだ早いのでカボチャ+αと柔らかご飯で勘弁してね。

あ、汁物忘れた…。まあいいか。

タイトルとURLをコピーしました